注意 | 電報で遠くから結婚式場へお祝いメッセージ、豊富なプレゼントの魅力

電報で遠くから結婚式場へお祝いメッセージ、豊富なプレゼントの魅力

注意

言葉に気を付ける

日本では、お祝いの席で悪いものを連想しやすい物や言葉はマナー違反だとされています。
電報は手紙のようなものですが、普段、送るものとは分別をつけて、きちんとマナーにのっとった文章で送る必要があるでしょう。
結婚式は一生に一度のイベントです。
人によっては2回行なう場合もありますが、それは離婚を経験している事を表わします。
繰り返して行なわれる事は良くない事なので、そういったものを連想させる「繰り返し」や「再度」、「重ね重ね」という言葉は避けましょう。
また、単語のみならず、同じ言葉を繰り返して使う、重ね言葉にも注意をしましょう。
結婚式にふさわしい文章作りのアドバイスが、電報の公式ホームページでも確認する事が出来るので参考にしてみましょう。

日時と送り先

結婚式で電報を代読される為には、結婚式が行なわれる式場に送る必要があります。
結婚式の開演される時間にあわせて、送る時間を設定する事が必要でしょう。
前もって日時と式場の住所を確認し、間違いがないように気を付ける事です。
電報を申し込む前に、送る予定の日程が式場の休みとかぶっていないかを確認するのも大事です。

宛名は旧姓で

結婚式のほとんどが、両家共に旧姓で書かれています。
電報を送る宛名も、入籍後の姓ではなく旧姓で送るように気をつけましょう。
また、差出人が誰なのかをしっかりと分かりやすく記載しましょう。
友人同士であるとお互いをニックネームで呼び合う事もありますが、正式な場となる結婚式ではフルネームで記載する事が正しいマナーです。