利用料金 | 電報で遠くから結婚式場へお祝いメッセージ、豊富なプレゼントの魅力

電報で遠くから結婚式場へお祝いメッセージ、豊富なプレゼントの魅力

利用料金

文字数によって

電報を送る料金を文字数で決めるところもあります。
そういうところを利用すると、当然ながら文字数が多い分だけ利用料金が高くなっていきます。
シンプルな言葉で送るのなら利用しやすいですが、結婚式のお祝いメッセージを送る場合には向いていないでしょう。

一定の制限あり

結婚式などの冠婚葬祭で活躍する電報を、文字数の一定制限をする事で送る事が出来ます。
豊富な種類の電報を用意している業者では、文字数を300文字までと定めています。
300文字という余裕を感じる文字数であれば、料金を気にせずに伝えたいメッセージをふんだんに盛り込む事が出来るでしょう。
結婚式のメッセージともなると、伝えたい事がいろいろとあるものです。
電報を取り扱っている業者の中には、電話ではなく、インターネットからの申し込みによって利用料金が割引を適用しているところがあります。

プレセント料

電報には多くの種類があり、手紙形式に限らず多くのプレゼントと共に電報を送る事が可能です。
そのプレゼント料も含めたトータルの料金が、支払う料金となります。
また、全国一律で送料も設定されているので、送料も含めて予算を決めましょう。
業者によっては、送料、プレゼント料、メッセージ料込みで表示しているので、気をつけて見るようにしましょう。

支払い方法

電報を利用する時の、利用料金の支払い方法は豊富に用意されています。
しかし、電話料金との合算のみとなっているところもあるので、事前に支払い方法を見ておきましょう。
その他には、銀行振込、クレジットカード払い、コンビニ払い、スマートフォンのキャリア決済などから選ぶ事が出来ます。
結婚式に急きょ招待されるという事はほとんどないので、余裕を持って申し込み、利用料金を支払うといいでしょう。
1番早くて、結婚式当日の1ヶ月前から申し込む事が出来ます。