メリット | 電報で遠くから結婚式場へお祝いメッセージ、豊富なプレゼントの魅力

電報で遠くから結婚式場へお祝いメッセージ、豊富なプレゼントの魅力

メリット

欠席でもお祝い

結婚した夫婦が、記念として結婚式を挙げる事があります。
その結婚式には家族を始め、親戚や友人、職場の同僚や上司を招待するでしょう。
招待される側には招待状が届くようになっているので、その招待状に出席か欠席の返事をする決まりになっています。
冠婚葬祭には出来る限り出席するものですが、やむを得ず出席が出来ない事情が出る場合があります。
その際には、結婚式当日にお祝いを直接伝える事が出来ません。
しかし、欠席でも当日にお祝いのメッセージを送る方法があります。
それが電報です。

式場に届く

電報というのは電信を利用して文章を相手に伝えるものです。
ネット回線を利用しない連絡手段の代表格である郵便よりも、さらに高速で送る事が出来るサービスです。
電報を利用する事で、出席する事が出来ない結婚式でもお祝いを伝える事が出来るでしょう。
送り先は、その結婚式が行なわれる式場にします。
お昼に開演される結婚式であれば前日に、夕方から開演される結婚式であれば当日の朝に届くようにするのがベストでしょう。
式場に届く事によってスムーズに結婚式の司会に手渡され、しっかりと代読されるでしょう。

趣味にあわせた贈り物

以前までの電報であれば、シンプルな手紙形式で届いていましたが、近年はそれが大きな変化を遂げました。
ぬいぐるみを始めとし、花やバルーン、お酒を一緒に贈り物として送る事が出来るのです。
その種類はとても豊富で、新郎新婦にあわせた物が見つかるでしょう。
遠く離れていてもこういったプレゼントを受け取ると、主役である2人にとってとても嬉しいものです。